Operation & Proposal

ご提供するデジタルマーケティング運営コンサルティング

当社がご提供するウェブサイト運営は総合的なデジタルマーケティングの視点を持った上で「目標設定に向かってPDCAを繰り返し、アクセスデータ解析に基づく提案を毎月行う」のが特徴です。
運用フェーズに入ってからだけではなく、新規サイト開発やサイトリニューアルのプロジェクトにおいても定量視点と定性視点の両面からデータを調べ上げ、デジタルマーケティングの総合的な観点を交え、根拠のあるご提案を継続的にさせていただきます。

サイト構築や施策の初動から年間を通じて運用

WORKSHOP
プロジェクト開始後も提案内容に加え、改めてご要望の洗い出しをさせていただくためのワークショップを定期的に行い、プロジェクトの方針を定めさせていただきます。ビジネスゴールを継続的に共に目指すプロジェクト進行をさせていただきます。
ANALYSIS
ウェブ解析士の資格所有者がアクセスデータ解析を行います。デジタルマーケティング全般の知見を用いて分析し、プランニングとクリエイティブ開発に活かします。新サイト公開後もアクセスデータ解析の分析とレポートを毎月行い運用PDCAに活用します。
マーケティングコミュニケーションに精通したプランナーが企画立案を行います。ターゲットへのトップページでのアプローチや、主要コンテンツの再編集方針、新規コンテンツ開発、メールマガジンなどのプッシュツールも交えてコミュニケーションプランニングを実施します。
PLANNING
アートディレクターと情報設計者が中心となりUXの設計からデザイナーによるUI設計へとターゲットに提供すべきウェブ体験の視点からクリエイティブ開発を行います。 公開後も継続してABテストを行い、データに基づいたクリエイティブ改善も運用実施します。
CREATIVE

データに基づく改善提案

定量調査で改良箇所を知る
ウェブ解析士による
アクセスログ解析
他社サイトを含めた現状把握
定性調査で改良方法のヒントを知る
ウェブ熟練者による
ヒューリスティック調査
ターゲット層による
アンケート調査
定量×定性で方針を導き出す
商品販売方針や企業姿勢、
企業意向を交えた総合的な
視点でプランニングを行い
具体的な情報設計、
クリエイティブを導き出す

デジタルマーケティング視点

BtoC、BtoBいずれの領域でも顧客とのコミュニケーションにおいてデジタルマーケティングが欠かせないものになっていますが、当社ではウェブサイトの運営を中心にとらえたデジタルマーケティングの実施をご提案しています。超大手企業ではデジタルマーケティング選任担当者やUX・UIを管理する専任部門が発足していますが、多くの企業では専任担当者を置くことも、教育して育てることも難しいといったことが現状としてあります。しかし、デジタルマーケティングでは広告から売上獲得までの多様な取り組みと、それを実行するための様々な知見とノウハウが必要になります。これに対して当社では、必要以上の外注費(コスト)をかけずに収益を広告などに再投資できるようにクライアント社内でのデジタルマーケティング担当者の育成もサポートさせていただいております。経験豊富な当社の教育スタッフがデジタルマーケティングの基礎からレクチャーし短期間で必要な基本知識を身に着けていただくプログラムになります。サイト改定や運用を当社にご発注いただいた企業様にはプロジェクトの進行と合わせて(平行して)実施させていただいており、ウェブサイトと共にご担当者様も収益により貢献できるようにご協力させていただきます。

DMSP Digital Marketing Startup Program

「デジタルマーケティング全般に強くなるウェブ解析士養成講座」として教育サービス単体でも実施しておりますのでお問い合わせください。

コスト管理の柔軟性

デジタルマーケティングの中で重要な役割を持つウェブサイトは、当然ですが作ることが目的ではなく継続的に運営して事業収益に結び付けるためのものであるため、当社の収益モデルも初期開発で売り上げたら完了する設計ではありません。公開したウェブサイトの改善を重ね、クライアントの事業収益への貢献度を継続的に向上させていくことで、当社の収益にも繋がっていくという考え方です。そのため初期コストを柔軟に対応でき、運用においてもご要望に合わせて費用の幅を持たせた対応を可能にしています。

Special Offer

クライアント個別サービスとして訪問ワークショップを開催しています。UI・UXに関するワークショップも無料でご提供しておりますので是非ご活用ください。ワークショップでは新しい事例を交えながらUI・UXについてレクチャーさせていただく構成になっています。